ボスニア サッカーボール寄贈レポート 

0
    今回で5回目のボスニア訪問となりました。
    スタジアムで募金していただいた方々、
    セレッソ大阪さん、ミズノフットサルプラザさん
    からサッカーボール及びグッズの寄贈、
    ルフトハンザ航空さん輸送の
    ご協力を得て、サッカーボールをボスニアに運ぶことができました。
    誠に有難うございました。

    日程は以下
    3月19日 (名古屋国際空港)3名出発
    3月20日 (関西国際空港) 3名出発
    3月21日 ボスニアの首都サラエボにてトゥルコビッチ選手(現FKサラエボ)と施設訪問、ボール寄付。練習見学・戦争跡及び市内観光など
    3月22日 クロアチアとの国境地帯の都市デルベンタへ移動デルベンタ視覚障害者施設へブラインドサッカーボールを寄付
    3月23日 クロアチアの首都ザグレブへ移動 2002年セレッソユースの練習に参加して現NKザグレブユースのディノ君や2002年から交流のクロアチアサポーターのマティア君達と交流予定。
    3月24日 ザグレブ発
    3月25日 名古屋着

    サッカーボールは3月20日、関空組が運ぶことになりました。


    関空からルフトハンザ航空で
    フランクフルト(ドイツ)、ミュンヘン(ドイツ)と2回乗り継ぎ、
    ようやくサラエボに着く。延べ18時間を越える道のり。
    数回訪れて慣れているとはいえ、長時間の飛行機の旅はかなり疲れるもの。
    その疲れた体を一気に吹っ飛ばしてくれたサプライズを
    サラエボ空港で受けることとなった。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    recommend

    オシムの思考・ジーコの志向
    オシムの思考・ジーコの志向 (JUGEMレビュー »)
    ジェキチ 美穂, 北村 響介, Koly Football Production

    recommend

    オシムに学ぶ
    オシムに学ぶ (JUGEMレビュー »)
    週刊サッカーマガジン編集部

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM