日本代表−ボスニア・ヘルツェゴビナ

0
    スタジアムに入る前にボスニアサポーターと記念撮影をした。
    ボスニア入国の時もそうだったが、
    トゥレの名前を出せば、すぐにコミュニケーションが取れた。

    やっぱり代表だ!僕らもそうである。
    自国の選手を名前言われれば嬉しいもんである。
    現在、セレッソの選手が代表にいないのは残念だが…
    トゥレがセレッソにいたことは知らなかったが、
    話ししたことによって、
    日本のクラブであるセレッソにいたことを理解してくれた。

    この試合に多くのボスニア人が来ていたが、日本人も多く来ていた。
    ドルトムントに程近い街、デュッセルドルフには多くの日本企業があり、
    そこの在住の日本人の人達がこの試合に観戦に来ていた。
    スタジアムに入り、まず目に入ったのが、
    ゴール裏にかなりの数のボスニアサポーターがいたことだ。
    ざっと見ただけで2000人はいた思う。
    数なら日本人もそれを上回る人達が来ているが、
    いかんせん応援の迫力が段違い。
    ボスニアは本物サポーターで、日本はドイツ在住の一般人。
    『応援の世界』が違いすぎた。
    ボスニアの応援は、雄叫びのように吠えまくり、発煙筒は焚く、
    花火を放ち、爆竹を吹っ飛ばし、仲間うちで喧嘩まで始める。
    普通に見れば危ないが、熱狂的な応援。

    でもどことなく馴染みがある応援…
    友達であるクロアチアサポーターの応援と同じである。
    魂を揺さぶるのような雄叫びをするところが特に似ている。
    バルカン半島の人達の応援って、共通があるんだと思った。
    それに対して『ニッポン、ニッポン!』とほのぼの応援の日本サポーター。
    ボスニアサポーターのゴール裏と日本サポーターのメインスタンドには
    緩衝地帯を設けいたが、距離があると言えども恐怖を感じないのかと思った。
    でもドイツ在住の日本人の人達は、
    日本代表がドイツに来てくれたことに本当に喜んでいる。
    その喜びがあの凄まじいボスニアの応援に勝っているのかもしれない。

    試合は前半は高原の得点か日本が優勢に進めていたが、
    後半にPKで追いつかれてから一転、ボスニアペースに。
    そして逆転される。しかし終了間際に中田の得点で同点。
    2−2の引き分けに終わった。
    両国のエース、中田とバルバレスの存在感が際立った印象が残った。
    今回の訪問の最後のこの試合の巡りあえて本当に良かったと思う。
    また日本−ボスニアの試合が行われる時は、ボスニアで観たいと思った。
    この気持ちを胸に日本へ発つ。

    sportnaviに掲載されてた
    日本−ボスニア戦のコラムです。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    recommend

    オシムの思考・ジーコの志向
    オシムの思考・ジーコの志向 (JUGEMレビュー »)
    ジェキチ 美穂, 北村 響介, Koly Football Production

    recommend

    オシムに学ぶ
    オシムに学ぶ (JUGEMレビュー »)
    週刊サッカーマガジン編集部

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM