ボスニア訪問レポート

0
    その後セルモさんの自宅へ招待され、
    家族の方と一緒びに昼食をいただいた。
    トゥレの話し、家族で日本を訪れた思い出話など話しは尽きなかった。
    この後、トゥレの奥さんからトゥレの自宅の招待された。
    選手の自宅に訪問したのが初めてなので、ちょっとテンションが上がった。
    そこにはメキシコでタイトルを獲った写真、
    ファンからもらったプレゼントなど、沢山の彼の宝物を目にした。

    そこでトゥレのスクラップ集を見せてもらった。
    ボスニア代表の記事、クロアチア、ハイデュクの活躍など
    沢山の思い出がつまっていた。
    目に付いたのがボスニア代表監督がなんとムズロビッチだった。

    それと先程も書いた昨年School For Retarded Persons[VLADIMIR NAZOR]を
    訪問した記事のスクラップがあった。
    その記事をジェキチ美穂さんに通訳していただいた。

    【ブラディミル・ナゾル学校への援助】
    元代表で現在ハイデュクでプレーするアルミル・トゥルコビッチ、
    彼は日本で多くのファンを得た。
    彼の離日後、トゥレのファンは彼とハイデュクの試合に訪れた。
    そして彼らはサラエボまで訪れた。
    そしてユニフォームやサッカーボールを寄付をした。
    アルミルの父・セルモの付き添う中、
    ブラディミル・ナゾル学校の障害を持つ子供達に寄贈された。

    僕達の活動がボスニアで認知されてることを実感した。
    今年で4年間活動を継続し、5年目を迎える。
    ここまで活動に協力していただいた方々に
    本当に感謝の気持ちでいっぱいになった。
    皆様本当に有難うございます。
    今後継続していくように努力していきます。

    思い出話しに花を咲かせていた時に
    クロアチアサポーターのマテア君が、僕達に会う為に来てくれた。
    彼とは2002年ワールドカップのサポーターの交流から
    初めての訪問時にクロアチアからサラエボまでの運搬を手伝ってくれた。
    彼の協力のおかげで初年度の訪問ができた。
    サラエボ訪問時に必ずザグレブにも訪問をして、
    かれこれ4年の付き合いになる。
    今回は訪問が出来ないと知ったら、
    クロアチアの首都・ザグレブから
    片道6時間を道のりを車を飛ばしてきてくれた。
    彼の気持ちが本当に嬉しかった。
    彼がサラエボを発つ時にサポーターのフレンドリーマフラーを渡した。
    彼は大変喜んでいた。
    そしてドイツ・ワールドカップでの日本代表−クロアチア代表戦で会おうと。
    マテア君はまた片道6時間かけてザグレブへ向かった。

    明日はサラエボへ発ち、ドイツへ。
    ドルトムントで行われる、
    日本代表−ボスニア・ヘルツェゴビナ代表の試合を観戦する。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    recommend

    オシムの思考・ジーコの志向
    オシムの思考・ジーコの志向 (JUGEMレビュー »)
    ジェキチ 美穂, 北村 響介, Koly Football Production

    recommend

    オシムに学ぶ
    オシムに学ぶ (JUGEMレビュー »)
    週刊サッカーマガジン編集部

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM