発足経緯

0
    「ワールドカップに向けてセレッソサポーターで何か出来ないか?」
    サポーターで集まっては色々な話をしていました。
    「ワールドカップに来れない子供達を呼べないか?」
    「セレッソと何処かの国の公開試合が出来無いか?」
    「サポーターの国際交流が出来ないか?」
    ・・・・はじめは手探りで色々な国を調べたり、アポイントを取ったりしていました。

    そんな時、トゥルコビッチ選手の入団が発表されました。
    「クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ出身」・・?
    どんな選手なんだろう?
    最初はクロアチアでの彼の成績、そしてクロアチアやボスニア・ヘルツェゴビナの事を調べていきました。
    その内に、何故 彼が2つの祖国があるのか。どんな国か。色々解ってきました。
    ・・・「ワールドカップに来れないクロアチアやボスニアの人を招待して交流しましょうよ?」
    「計画を通してセレッソ大阪、サポーターを日本国内、クロアチアの両国にアピールしましょうよ?」
    そんな意見がでて来ました。
    そこで、私達は、クロアチア大使館、クロアチアに詳しい日本人、クロアチアサッカー協会にコネのある人
    ・・・・最初は手探りで相談や交渉を始まりました。
    クロアチア語しか通じず、「英語が出来る人に変わって下さい」と言うクロアチア語を調べたり、失敗の連続でした。

    色々と行動する内に、協力してくれる人が少しずつ現れました。
    旧ユーゴに詳しいジャーナリスト、クロアチアに在住の日本の方・・・
    特にザグレブに住む長束さんは、
    「招待日程のアドバイス、クロアチア国内の募集の方法のアドバイス、クロアチアのサポーター等の状況、受け入れ態勢のアドバイス、出来れば新聞・TV等でセレッソ大阪をクロアチアでもアピールしたい等」
    のこちらの無理な依頼に力強いご協力を頂きました。
    そして、長束さんから「サポーターの紹介」「新聞等への紹介」をして頂いけたことで、私たちのサポーターの交流・支援の計画は一挙に具体的に進んでいきました。

    そんな中、長束さんから
    「トゥルコビッチのインタビューをしてほしい。」
    との申し出がありました。
    クラブにもお願いしてインタビューを実現する事が出来ました。
    その際、原点に立ち帰り
    「子供達を呼べないか?」
    「トゥルコビッチの古里の子供達に何か出来ないか?」
    「ワールドカップで終わらず、永い交流が出来ないか」
    と言う意見が出ました。トゥルコビッチ本人にも、その事を相談しました。

    そこで、私たちはワールドカップを機に、ユニットやグループの垣根を越えたセレッソサポーターを中心とする本会を発足。両国と広く永く相互に交流していく事を目的とした活動を本格的に開始いたしました。

    2002.4.20

    | 1/1PAGES |

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    recommend

    オシムの思考・ジーコの志向
    オシムの思考・ジーコの志向 (JUGEMレビュー »)
    ジェキチ 美穂, 北村 響介, Koly Football Production

    recommend

    オシムに学ぶ
    オシムに学ぶ (JUGEMレビュー »)
    週刊サッカーマガジン編集部

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM