War Childhood Museum

0

    本日はサラエボにあるミュージアムについて紹介させていただきます。

     

    以前にも当会のブログにてイベントの紹介をさせていただきました

    今年の1月にサラエボでオープンしましたWar Childhood Museumですが

    開園半年で10,000名の来場者となったとの連絡がございました。

    うち5,000名は多くの子供達であったとのことです。

     

    ボスニア・ヘルツェゴビナ、サラエボへ訪問の際にお立ち寄りしてはいかがでしょうか。

     

    書籍もぜひお手にとって御覧くださいませ。

    ぼくたちは戦場で育った サラエボ1992─1995


    【イベント参加】バルフェス 2017 SUMMER

    0

      8月26日(土)

      バルカンフェスに参加してまいりましたので報告致します。

       

      第一部は、イビチャ・オシム元日本代表監督の通訳で当会も書籍等での紹介など大変お世話になっております国際ジャーナリストの千田善氏のトークイベントでした。

      バルカンミュージックの魅力をたっぷりお聴かせいただきました。昨年亡くなられたヤドランカさんも紹介されておりました。

       

       

      第二部は、和製バルカン音楽ユニット「JapaLkan」のパワー溢れるライブでした。非常に盛り上がりましてダンスも始まる・・・これがバルカンの魅力かもしれません。

       

       

      今後もイベント関連について更新をさせていただきます。

      引き続きクロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナを考える会の活動にご支援のほどよろしくお願い致します。


      イベント紹介

      0

        明日 8月26日にバルカン半島に関するイベントがございますので紹介させていただきます。

        当会もお世話になっております千田善氏のトークイベントもございます。

        関東にお住まいの皆様は参加されてみてはいかがでしょうか。

        バルフェス2017SUMMER

        バルカン半島に馴染みがある人もない人も​この機会にバルカン文化に触れてみませんか?
        バルカンバンドの生演奏、トーク、フード、ドリンクetc..
        一日限定特別イベント!!この日は吉祥寺曼荼羅がバルカン一色になります!

         

        【日時】
        2017年8月26日(土)
        OPEN 15:30
        START 16:00
         
        【場所】
        吉祥寺ライブハウス曼荼羅

         

        Webサイト


        2016年度 クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ等への渡航について

        0

          拝啓


          平素は「クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナを考える会」のボランティア活動を支援頂き誠にありがとうございます。セレッソ大阪サポーターの皆様、公認などのご支援を頂いております大阪サッカークラブ様、大阪市様、ルフトハンザドイツ航空様、ミズノ様、およびマスコミ各社、他Jクラブや企業、店舗の皆様にこの場を借りて深く御礼申し上げます。

          2002年に始まりました弊会のボランティア活動ですが、早いもので今年で15年が経ちました。

           

          ワールドカップのホストイヤーとして何か行動が出来ないか、当時セレッソ大阪に在籍したアウミール・トゥルコビッチ氏と話し合いを行いました。そしてクラブと3つのプロジェクトについて相談させて頂き、以下の企画致しました。

           

          .ロアチアサポーターとの交流
          ▲ロアチアサポーターと協力し、トゥルコビッチ氏の故郷サラエボの子供達への寄付
          クロアチアのクラブユースより優秀な選手を大阪へ招待する。招待選手のセレッソユースの練習参加およびセレッソ大阪の試合を観戦する。

           

          これら、3プロジェクトを2002年に実施することが出来ました。
          サラエボの子供達へのボールの寄付につきましては、トゥルコビッチ氏のお父様でありボスニア・ヘルツェゴビナサッカー協会の仕事も行われているセルモ氏のご協力のもと継続することが出来ました。

          2002年から2006年まで継続して現地訪問を行い、ボールの寄付や現地サポーターとの交流、2002年に招聘したクロアチア人選手との再会および試合での応援を行なってまいりました。

          その後、当会のメンバーによる東日本大震災への支援、セルビア募金活動メンバーの参加があり、この15年間で様々な環境の変化をしてまいりました。

           

          2014年には寄付活動にて現地訪問を行う計画もございましたが、多大なる支援を頂きましたセルモ氏の手術もあり、延期を余儀なくされました。そして一昨年12月にはセルモ氏が他界され、最大の支援者を失った今、弊会の活動や方法も見直さなければいけないと考え、メンバーで話し合いを持ちました。

           

          そして、このたび代表である岩崎が欧州各地を訪問し、前述のトゥルコビッチ氏、元セレッソ大阪所属のゴイコ・カチャル氏、ランコ・ポポビッチ氏のお三方と、お預かりしております10年分の寄付金の配分方法の確認、現地の調査および現地で寄付を行うことを決め、実施してまいりました。

           

          協議の結果、今回、トゥルコビッチ氏に寄付金の一部をお渡しし、以下のようにボスニア・ヘルツェゴビナのサッカークラブへサッカーボールを寄付いたしました。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          また、今回の寄付に際し、各地訪問における交通費等諸経費の一部につきましても、皆様からお預かりしました寄付金にて充当させていただきましたこと、何卒ご了承くださいますようよろしくお願いいたします。

          本来であれば渡航前にご報告したのち現地を訪れるべきではございましたが、日程等の関係にて報告が遅れましたこと、この場をお借りしましてお詫び申し上げます。また、渡航後の報告が遅れましたことも重ねてお詫び申し上げます。

          引き続きご支援の程、宜しくお願い申し上げます。
           

          【諸経費内訳】

          内容

          金額

          情報通信費

          51,024

          旅費交通費

          226,450

          消耗品費

          2,400

          接待交際費

          13,126

          支払手数料

          7,000

          寄付金

          200,000

          合計

          500,000


           

                                                 敬具

           

                            クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナを考える会


          ボスニア・ヘルツェゴビナの日本人選手

          0

            本日はボスニア・ヘルツェゴビナで戦うことになった日本人選手を

            紹介するニュースがございましたのでシェアいたします。

             

            無名の若きサムライが、遠いボスニアの地で古豪とプロ契約!

            (SOCCER DIGEST WEBさまより)

             

            鈴木梨生(すずき りお)選手です。

            活躍を期待しております。

             


            【ボスニア・ヘルツェゴビナ】イベント参加報告

            0

              いつもCBJAPANの活動にご賛同頂きまして誠にありがとうございます。

              今回、下記のイベントに参加してまいりましたので報告致します。

               

              【教育×旅カフェ】

              多文化の国ボスニア・ヘルツェゴビナで「多様性」と出会う

              ―――アクティブ・ラーニングで旅を100倍楽しむ方法

               

              イベントのコーディネーターは、

              ボスニアの少年サッカーチームFKクリロの設立者であり

              当会もお付き合いさせていただいております森田太郎氏です。

               

              イベントでは、ボスニア・ヘルツェゴビナ/サラエボをライブ中継し

              多文化であるサラエボの街を紹介していただきました。

              まるで散歩をしながら歩いている、そんな感覚になる気分でした。

               

              8月には現地でのイベントも予定されているとのことですので

              ご興味ある方は参加されてみてはいかがでしょうか。

               


              募金活動休止のお知らせ

              0
                皆様、いつも募金のご協力ありがとうございます。
                今シーズンの当会の募金活動ですが、
                スタッフの仕事上、健康上の理由で当面の間募金活動を休止とさせていただきます。
                再開の目処が立ち次第、当ブログにて案内させていただきます。
                よろしくお願いいたします。

                クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナを考える会
                赤松亮一


                2016年度 収支報告

                0

                  大変遅くなり申し訳ございません。

                  クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナを考える会、2016年度の収支報告をさせていただきます。


                  【支出】  500,864円

                  内訳
                  支援費等仮払金  500,864円

                  【収入】 1,083,821円
                  内訳
                  前年度繰越    960,300円

                  利息等           70円
                  スタジアム募金  114,451円

                  寄付金等       9,000円

                   

                  【翌年繰越】582,957円

                   

                  以上となります。

                  皆様のご協力誠にありがとうございました。

                  なお、2016年度には支援を実施させていただきました。

                  内容につきましては改めて報告させていただきますので何卒よろしくお願いいたします。


                  皆様からお預かりした募金は

                  クロアチアとボスニア・ヘルツェゴビナの子供たちのために役立ててまいります。
                  今後ともCB JAPANの募金活動にご協力よろしくお願いいたします。


                  募金集計の報告 セレッソ大阪−ロアッソ熊本

                  0

                    皆様いつも募金のご協力有難うございます。
                    昨日キンチョウスタジアムで行われました
                    セレッソ大阪−ロアッソ熊本戦での募金の集計の報告をいたします。
                    金額は5,803円です。合計は114,451円です。
                    皆様のご協力有難うございました。

                     

                     

                    今シーズンのボスニア募金はこの試合をもって終了とさせていただきます。
                    今シーズンも皆様のご協力誠に有難うございました。
                    皆様からお預かりした募金はクロアチアとボスニアの子供たちのために役立てていきます。
                    来シーズンもCB JAPANの募金活動にご協力よろしくお願いいたします。


                    募金集計の報告 セレッソ大阪−愛媛FC

                    0

                      皆様いつも募金のご協力有難うございます。
                      本日キンチョウスタジアムで行われました
                      セレッソ大阪−愛媛FC戦での募金の集計の報告をいたします。
                      金額は4,570円です。合計は108,648円です。
                      皆様のご協力有難うございました。

                      次回は11/20(日)キンチョウスタジアム
                      セレッソ大阪ーロアッソ熊本戦を予定しております。

                       

                      キックオフ1時間前の13時から募金活動は始める予定です。

                      場所はキンチョウスタジアム ゴール裏ホームサポーター自由席の裏側です。
                      下の図をご参照ください。
                      募金のご協力よろしくお願いいたします。


                      | 1/36PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      recommend

                      recommend

                      オシムの思考・ジーコの志向
                      オシムの思考・ジーコの志向 (JUGEMレビュー »)
                      ジェキチ 美穂, 北村 響介, Koly Football Production

                      recommend

                      オシムに学ぶ
                      オシムに学ぶ (JUGEMレビュー »)
                      週刊サッカーマガジン編集部

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM